~KMRのシミュレータートレーニングで、実車もSIMも今より速くなれる!~

 

サーキット走行の経験が無い初心者の方から、日々レースに参戦されている上級者の方まで、KMRでは以下の方法でトレーニング(&ドライビングレッスン)を行っています。(1時間走行の例)

 

  1. 慣れる:先ずは普段の自分の走りが出来る様、なるべく安定させて走行し、環境に慣れます。(約20分)

  2. 学ぶ:データロガーで自分の運転を分析し、運転を見ていたスタッフからアドバイスいたします。また、速いドライバーとデータの比較を行い、どうすれば今より速く走れるのか、具体的なアドバイスをします。(約10分)

  3. 変える:アドバイスを元に自分の運転を変えて走行します。癖になってしまっている操作を変えることは難しいですが、時間をかければ徐々に運転は変わります。(アドバイスを受けながらの走行も可能)タイムアップに必ず貢献します!(約30分)

KMRでは、この3ステップ(慣れる、学ぶ、変える)を可能な限り実車に近いリアルな環境(iRacing×OSW)で行うことで、来て頂くお客様の運転技術を向上させます!

⇒ドライビングレッスンの事例

 

 

⇒KMRで出来る事

⇒走行可能なコース、車両

⇒料金とご予約

 

KMRを始めたきっかけ

レースを始めたばかりの頃、右も左もも分からず、サーキットをとにかく走り回って車を壊したり、速い人の話を聞いても感覚的に上手く理解が出来ず、速く走れなかったりしてとても苦しい思いをしました。

 

レーシングシミュレーターが世の中で広く使われる様になり、私もシミュレーターでトレーニングをすれば速くなれるのかな?と思い色々試してみましたが、なかなかすぐに速さには繋がりませんでした。

 

今思えば、2つの原因がありました。

  1. 今の自分の課題や自分の実力に合ったトレーニングはどんな物か、自分では理解できなかった
  2. 現実に限りなく近い、練習効果の高い機材でトレーニング出来ていなかった

 

長い試行錯誤の末、”自分の実力に合ったトレーニング”を見つけ、”練習効果の高い機材”も導入し、シミュレーターでのトレーニングを半年ほど実施。

その後臨んだ岡山国際サーキットでのレースでは、トレーニング前と比較すると1周3秒以上もタイムアップしていました(ポルシェ993×RE-71R used で1:46.792

今まで全く追い付けなかった相手も、レース中にオーバーテイクして完勝する事ができました😁

 

ちゃんとポイントを押さえて練習すれば、シミュレーターで、こんなに効率的に、低リスクで速くなれるのか、、、

身をもって体感した瞬間でした。

 

この体験を一人でも多くの方にしてもらいたい。

安全に速く走る方法を、低リスクで身に付けてもらいたい。

こんな想いでKMRをやっています。

 

 

View this post on Instagram

 

KMR号、少しステッカーを貼り替えました😊 実車とシミュレータを交互に乗ると、トレーニングの効果がより一層出ます。

racingsim_KMRさん(@racingsim_kmr)がシェアした投稿 –