スライドコントロール特訓(ドリフト練習)

今回はスライドコントロール(ドリフト)の特訓について書きます。

よく実車でも”ドリ連”とか”広場トレーニング”等練習会が開かれていますが、なぜサーキットでタイムアタックをする様な人もドリフトを練習するのでしょうか。

それは、”荷重移動をマスターし、車両の動きを体に覚えさせるため”だと思っています。

今回はこのクルマを使って説明します。(ドリフトがテーマなので車両はドリキン様の車を使わせて頂きます(#^^#))

デンソーサードスープラ、懐かしいですねーー(*´▽`*)

さて、本題ですが、動画にもあったように、コーナーの進入で減速が強すぎると、下の写真の様にリヤタイヤのグリップが抜けてオーバーステアが出ます。

(グリップの強さを丸の大きさで表現しています)

逆に、コーナリング中に加速すると、フロントの荷重が抜けてアンダーが出ます。

これを上手くバランスさせて(レベルアップすると意図的にバランスを崩したりして)コーナリングしていきます。

この時、アクセル、ブレーキの前後荷重だけでなく、ステアリング操作も重要になってきます。

下のステアリング(に見えますか?(;^_^A)の絵は、左旋回中、人が左にハンドルを操作している力を黒の線で書いたものです。

例えばこの時、リヤタイヤが滑り始めてオーバーステアになると、ハンドルは赤い線の方向へ勝手に回り始めます。(理屈は”セルフアライニングトルク””でググってみてくださいm(__)m)

普通のシミュレーターや市販のハンドルコントローラーでは、この赤い線の力の出方が弱かったり、タイミングが遅かったりして、滑り始めたことに気付くのが遅くなり、スピンしてしまう事が大半です。

しかし、iRacingとOSWを使って走ると、下のイラストの様に、滑り始めた事がステアリングの操作力ではっきり分かるのです!

この為、「滑り始めたらトルクが小さくなって逆回りしようとするので、カウンター当ててスピンしないようにする練習しましょうか」という事もシミュレーターを使ってできてしまいます。

この様な練習をいきなりサーキットでしようとすると、壁や他車との衝突等、大変なリスクが伴います。

(ドリフトを練習していたわけではありませんが、私も何回かクラッシュし、数えきれないほどスピンしながらスライドコントロールを学びました)

その経験が、現代の技術(OSW×iRacing)を使えば、リスクゼロで学ぶことができます!

いい時代になったものです(*´▽`*)

スライドコントロールを身に付けずに、サーキットで走るのはおすすめしません。

なぜなら、自由に車をコントロールして楽しめないからです。(滑る事が恐怖でしかないです。)

ぜひ、シミュレーターでスライドコントロールを身に付けてからサーキットを安全に、速く走って楽しみましょう!

まずは会員登録から(^^)

走行のご予約はこちら!